店舗デザイン・売り場改善ならOFFICE 本田敦子へ

OFFICE 本田敦子

建築15年の総合建築コーディネート 数少ない「建築と色スペシャリスト」

お見積もり・ご相談はお気軽にご連絡下さい。TEL:092-555-2607 メールでのお問い合わせ、ご相談はこちら
サービス紹介

HOME > サービス > デザインの力で空室を満室へ

デザインの力で空室を満室へ

デザインの力で空き室を満室へ

新築物件が周り建ち並び、入居率をあげるために家賃を下げるしか無い・・・。
投資回収のシュミレーションのやり直しかぁ・・・と、お悩みではありませんか。

デザインのちょっとした工夫で、入居率は上げれます。

入居者は、「新築」「築浅」という条件が大好きですよね。
同じ金額だったら新しい部屋の方が良いのは誰でもそうですから、仕方ないことです。

そういう時は、価格を下げるという手段ではなく、デザインで対抗しましょう!
価格が下がれば、物件の魅力も下がりますし(安い物件=訳あり、ボロボロなどのイメージを与えてしまう)、入居後に家賃をあげることもなかなか容易ではありませんから・・・。

マンション・アパートのデザインを変えて、勝負にでませんか?
リフォームやリノベーションという大掛かりの工事は必要ありません。
ちょっとした工夫で入居率は大幅に変わります。

今では、あたり前になっていますが、私たちは、10数年前に、入居者の方に「入居前の部屋の壁一面を自由に好きな色を塗っていいよ」という企画で、古い物件を満室にしたことがあります。

もちろん、リノベーションが一番良かったりしますが、そこまで大掛かりにしなくても、魅せ方の工夫で、入居率をUPさせることができます。

ここでは、お伝えできない入居率上げる仕掛けデザイン事例が他にもありますので、
空室に悩んでおりましたら、ぜひ、ご相談ください。